にきび(尋常性ざ瘡)

にきび(尋常性ざ瘡)

にきび(尋常性ざ瘡)とは?

にきびは、毛穴の出口がつまり毛穴の中の細菌が増殖することで発生すると考えられています。また、思春期にきびの代表とされるホルモンバランスの変化や遺伝、大人にきびではストレスや皮脂過剰、反対に乾燥が原因となることもあります。

それぞれの症状に合わせて適切な治療をしていくことが必要です。

思春期にきびと大人にきび

思春期にきび

10代の思春期と呼ばれる時期に発生するにきびのことを「思春期にきび」と呼びます。
思春期にきびは、皮脂の過剰分泌が原因と言われています。
思春期を迎えると、体内に成長ホルモンや性ホルモンの分泌量が急激に増加します。そのため、皮脂の分泌が活性化し、にきびができやすくなります。
思春期にきびは主にTゾーン(おでこ、鼻、眉間など)にできるのが特徴です。Tゾーンは、顔の中では最も毛穴が多く、その数は頬の約7倍にもなります。そのため、皮脂の量が多く、にきびができやすくなります。

大人にきび

思春期を過ぎてから発症するにきびを「大人にきび」と呼びます。
大人にきびは、Uゾーン(頬やあご、フェイスラインなど)にできやすい特徴があります。
Uゾーンは、もともと皮脂が少ない部分ですが、肌の乾燥や表皮の新陳代謝(ターンオーバー)の乱れが原因で、にきびができやすくなるといわれています。大人になると、ホルモンバランスが安定し、Tゾーンへのにきびは少なくなります。しかし、大人になってからもTゾーンににきびができるという場合は、油脂が多めの偏った食事や、ストレスなどでホルモンバランスが崩れてしまうことが原因で皮脂が過剰に分泌されている状態が考えられます。

にきびの種類

にきび跡

毛穴に角栓が詰まった状態を放っておくと、炎症を起こし肌へのダメージが深刻化します。にきび治療は、にきびの出来始めの早い段階で治療をし、進行をストップさせることが重要なポイントになります。にきびの段階に合わせた適切なケアを行うことで、にきびの再発防止や、にきび跡を残さないようにすることができます。

色素沈着

赤にきびや黄色にきびなどの炎症を伴うにきびができた場合、ほかの細胞へのダメージを軽減させるために表皮の最下層にあるメラノサイト(シミの元となるメラニンを作る細胞)の活動が活発化し、メラニンを生成します。
正常な肌であれば、メラニンは分解・排出されます。しかし、にきびができた後は代謝機能が弱まっているため、排出されずに赤みや茶色み(シミ)だけが皮膚表面に残ってしまいます。

クレーター

何度も繰り返すにきびや深刻な炎症を伴うにきびができると、表皮の下にある真皮層や皮下組織まで傷ついてしまうことがあります。真皮層はターンオーバーが行われないため、炎症がおさまった後に皮膚表面が陥没してしまうことがあります。このような状態になってしまうと自然治癒は難しく、一生残ってしまうこともあります。

にきびの原因

にきびは、毛穴の出口が詰まり、毛穴の中で細菌が増殖することで発生すると考えられています。毛穴が詰まる原因は、皮脂の過剰分泌、毛穴の角質が厚みを増す「角化異常(過角化)」、化粧品などがあります。

肌のターンオーバーの乱れ

正常な皮膚のターンオーバー(皮膚が生まれ変わる代謝のサイクル)がおこなわれず、硬く覆われた角質の層によって毛穴の出口が詰まることで皮脂が毛穴に溜まってしまう状態です。

お肌の乾燥

肌の水分量が足りない状態や、乾燥肌の人は、水分の蒸発を防ごうと皮脂が過剰に分泌されています。そのためにきびができやすくなっています。特に肌が乾燥しやすい冬は、肌のバリア機能が破壊されているため、にきびが非常にできやすい状態になっています。

ホルモンバランス

女性の場合、女性ホルモンの影響で、皮脂分泌が増加することがあります。生理周期の後半に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)は、男性ホルモンと構造が似ており、同じように皮脂分泌を活発にします。この期間ににきびができやすくなります。

ストレス

ストレスを感じたときに分泌されるホルモンは、抗ストレス作用の他に、男性ホルモンの分泌を促す作用もあります。そのため、強いストレスや慢性的なストレスが続くと、皮脂の過剰分泌が起きます。

食生活の乱れ

皮脂分泌には、食事の内容も関わっています。脂質の多いものだけではなく、脂質が少なくても皮脂分泌に影響するものがあります。
肌細胞の生成に必要なタンパク質や必須脂肪酸、肌の新陳代謝を助けるビタミンAやビタミンB群が不足すると、ターンオーバーが乱れ、角化異常につながります。

動物性脂肪、糖質

動物性脂肪、糖質の摂り過ぎは、皮脂腺を刺激する作用があるため、摂り過ぎると皮脂分泌を増やしてしまいます。

高GI食

炭水化物の中には、「食後の血糖値=GI値」が急速に上昇するものがあります。血糖値を下げるために分泌されるインスリンにも、男性ホルモンを刺激する作用があるため、高GI食に偏ると皮脂量が増えていきます。

ビタミン類の不足

ビタミンB2とB6は、皮脂分泌をコントロールする働きをします。不足すると、皮脂の過剰分泌を起こす場合があります。

お肌に合わない化粧品やメイク

化粧品やメイクが、毛穴をつまらせる直接的な原因になることがあります。
「保湿が足りていない」「化粧品の油分が多すぎる」など、お肌に合わない化粧品を使うことでにきびができる場合があります。にきびが発生したり炎症があれば、化粧品の使用をやめ、専門医に相談しましょう。自分の肌に適した化粧品を使うことでにきびの発生を防ぐことができます。
リキッドファンデーションやコンシーラーなどのメイクは、毛穴に入り込んで詰まる可能性があります。正しい洗顔方法で汚れを落とすことが大切です。肌への摩擦を避けながら優しく洗顔をし、洗顔料が残らないようにぬるま湯でしっかりとすすぎます。すすぎ残しがにきびの発生の原因になります。

くみこクリニックの治療方針

院長

にきびの原因は多様です。放っておいたり、自己判断で誤ったケアをすることで、にきびを繰り返したり悪化してしまうこともあります。当院では、問診と診察により原因を検索し、それぞれのお肌に最適の治療法を選びます。皮膚表面へのケアだけでなく、漢方専門医の診察のもとで飲み薬を併用し、体の中からも改善をめざします。

通院の回数

およそ1~2週間に1回通院していただきます。土日、平日夕方7時半まで診療しております。にきび治療は継続が必要です。
※日曜診療は四条烏丸院のみ

にきびの効果的な治療法

保険診療

抗生物質(外用薬)

赤にきび、黄色にきびなど炎症を起こしている場合には、炎症や細菌の増殖を抑える抗生物質が適応とされます。ただし、毛穴の出口がつまることを抑えることができないなど、根本的な治療には繋がらないため、対処的な治療となります。

ピーリング薬(外用薬)

保険で処方できるピーリングの薬。毛穴のつまりをよくしていきます。塗布後にヒリヒリ感が出たり、かゆみが出る等の副作用が起こることがあるため、定期的な診察が必要です。

自費診療

ケミカルピーリング

方法:ピーリング剤を塗布し、5~10分間角質になじませます。その後洗い流し、イオン導入や、クーリングパックでお肌を鎮静させます。

皮膚に酸性の薬品を塗布し、不要になった角質を化学的にとりのぞく治療です。ピーリングによって新しく健康な皮膚の生成を促すため、毛穴のつまりがとれ、にきびが改善します。また、皮脂も除去されてさらっとした感触が実感できます。

*当クリニックでは美肌効果の高いサリチル酸マクロゴールピーリングを施行

フォトフェイシャル光治療

フォトフェイシャル光治療

医療用IPL光を照射して、にきびの炎症による色素沈着・赤ら顔・毛穴の開きなどの改善に効果があります。短時間での施術が可能なうえ、絆創膏を貼る必要がないため、施術後すぐにメイクや洗顔ができます。また、継続して照射することにより、表面のアクネ菌が殺菌されてニキビができにくいお肌になります。

*当クリニックでは、フォトフェイシャルの最高機種M22(ルミナスワン)を採用しています。

ジェネシス

ジェネシス

YAGレーザーをマイルドに照射する事で、にきびの炎症による赤み、ニキビ肌、毛穴の開きやくすみなどのさまざまな肌トラブルを改善します。皮膚下の浅い部分(真皮層の上層部)に熱エネルギーを与えることによって、コラーゲンの増生効果による肌質改善に加え、レーザーピーリング効果も働くため、皮膚表面の老化した角質が取り除かれ、皮膚のターンオーバーも促進します。その結果、お顔の赤みに対しても効果的です。アトピー肌などでピーリングが出来ない方も、ジェネシスは可能ですので、ケミカルピーリングと同効果、またはそれ以上の改善がみられます。

通常の治療は一定の間隔(2〜4週間)で、複数回(8〜15回)行います。

超音波導入(ダブルビタミントリートメント)

ビタミンA、ビタミンC、βカロチン、ビタミンE、ビタミンB5がバランスよく配合された「エンビロン社」の導入剤を用い、微弱な超音波を流してお肌の深部に浸透させるスペシャルトリートメントです。

イオン導入

肌のターンオーバーを促し、毛穴を引き締めます。ビタミンC、プラセンタ、トラネキサム酸を肌に塗り、専門の機器を用いて微弱な電流を流します。肌のバリア機能を一時的に緩和させ、有効成分を肌の奥深くまで直接届けることができます。

体質改善でにきびを根本的に治療

漢方治療(保険診療)

漢方治療

「皮膚は内臓を写す鏡」と言われるように、皮膚の症状と体内の不調は深く関わっています。当院では、今できているにきびだけを治療するのではなく、にきびができる根本的な原因を探り当てて改善させていきます。
一時的なにきびの改善ではなく、にきびになりにくい体質へ整えていきます。

ビタミンチャージ点滴

ビタミンチャージ点滴

サプリメントや食品をはるかに超える高濃度のビタミンCを、点滴によって静注する最新の美容医療です。活性酸素を一気に除去しますので、体のすべての機能が改善し、疲労感がなくなります。点滴をした翌日は、目覚ましの助けなく1時間早く起きる事ができるなど、効果の大きさと即効性を実感いただけます。また、肌のトーンが明るくなり、美白効果が得られます。日焼け後の肌のスペシャルケアとしても効果があります。

ビタミン剤の提案・処方

にきび治療の飲み薬でよく処方されるのが、ビタミン剤です。
食生活が乱れている、ダイエットで食事を抜いているなど、必要な栄養が不足すると、肌荒れやにきびができてしまいます。食生活を見直し、ビタミン剤で足りない栄養を補います。

食生活フォロー点滴

オーダーメイドでお肌の状態に合ったビタミンカクテルをお作りいたします。

ビタミンB

ビタミンB群は、ビタミンB1、 B2、B6、B12、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸(ビタミンB5)、葉酸(ビタミンB9)、ビオチン(ビタミンB7)の8種類が主となります。このビタミンB群は、肌荒れ・ニキビ改善に欠かせないビタミンです。

ビタミンC

ビタミンCは、抗酸化作用やメラニンを抑制するなどの働きで、肌へのダメージや乾燥、シミ、くすみなどの改善効果が期待できます。
また抗ストレスホルモンの生成にも関わっているため、ストレスからくるにきびの予防にも効果的です。

ビタミンA

ビタミンAは、免疫力を高めてアクネ菌の繁殖を抑制し、肌の潤いを保つなどの効果を持ちます。にきびや乾燥による肌トラブルの改善・予防に期待ができます。

ビタミンE

ビタミンEが持つ血行促進効果は、新陳代謝を活発にするためダメージを受けた肌の回復に役立ちます。また抗酸化作用によって紫外線などから肌を守る、バリア機能を高める働きをするため、肌トラブルの改善・予防に効果が期待できます。

疲労回復点滴

疲労回復点滴のにんにく注射は、疲労物質を速やかに代謝する働きにより、即効性があるのが特徴です。にんにくが実際に入っている訳ではなく、にんにくの主成分である ビタミンB1を使用していますので、匂いなどの心配はありません。成分含有率はにんにく約50個分ものエネルギーになります。

お肌のハリ注射

お肌のハリ注射

表情筋を弛緩させる作用のある薬をしわの気になる部分に注射することで、弛緩した筋肉を補うように周囲の筋肉が皮膚を引っ張り、その作用でしわが消えるといった効果が現れる治療です。「ボトックス」はタンパク質の一種であるボツリヌス菌 – ボツリヌス・トキシンのことで、厚生省が認可している医薬品でもあります。しわの原因を解消するため、今あるしわの解消に効果的なだけではなく、継続的に治療することでしわの予防ができ、お肌にハリを与えます。

疲労回復点滴

脂肪燃焼の役割をするL-カルニチンと、効率的な抗酸化作用を持つα(アルファ)リポ酸が配合された注射です。ブドウ糖の消化を高め、熱エネルギーの生産性を高めて新陳代謝を促進します。体脂肪の増加を抑制することができる為、ダイエット効果につながります。

TOP