PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法

PRP皮膚再生療法とは?

PRP皮膚再生療法は、血小板に含まれる成長因子の働きを利用し、組織の修復、組織の再生能力・治癒能力の向上をおこなう治療法です。

ご自身の血液を使用するので、副作用はほとんど無いとされております。美容皮膚科だけでなく、整形外科、形成外科、歯科など幅広い分野でも用いられている注目の治療法です。

患者さまご自身の血液を採取し、血小板が多く含まれる血漿を取り出し、トラブルがある皮膚に数回にわたって注入します。注入回数は医師にご確認ください。

施術のポイント

目の下のくぼみ、クマ、たるみ、シワ、ほうれい線、凸凹肌、ニキビ跡の改善、薄毛治療など、さまざまな症状への効果が期待できます

ご自身の血液から抽出した成分を使用する治療であり、異物を注入する治療法ではありません。

時間をかけてゆっくりと効果が現れていきますので、顔かたちが急に変わることがなく、周りに気づかれることがありません。

期待できる効果

ご自身の血液から、血小板を多く含んだ成分を取り出し、お肌のくぼみ、シワ、たるみなどがある皮膚に直接注入することで、皮膚の細胞が活性化され、エイジングケア効果を発揮します。

内側切開(内側のみの皮膚と粘膜を切開)

広範囲に浸透し、自己修復能力でコラーゲン線維にハリを持たせ、凹凸のない自然な仕上がりにすることができます。注入後の感触がなめらかで、浅いシワへの治療も可能となります。

内側切開(内側のみの皮膚と粘膜を切開)

PRPとは?

PRPとは、Platelet Rich Plasmaの略で、日本語では多血小板血漿(たけっしょうばんけっしょう)と呼ばれおり、血液の中にある血小板を多く含んでいる血漿(液体成分)のことを指します。

指や手を切ったり、足を擦りむいたりした場合、しばらくすると血が止まり、傷が塞がり、かさぶたになり、皮膚が元の状態に戻っていきます。

血小板には、血液を止めるという働きがあり、血小板が少ない人は血が止まりにくかったり、傷の治りが遅かったりします。さらに、血小板には、体のさまざまなところに作用する「成長因子」をつくり出す働きがあります。この成長因子によって、傷を元通りの肌に戻すことができます。

成長因子は年齢を重ねるごとに減っていくため、シワやたるみなど肌の老化に対する再生力が追い付かなくなるために「肌の老化」が進んでしまいます。

血小板を多く含むPRPを注入することによって、皮膚の細胞を再生させ、症状の改善を図ります。

血小板には次のようなものが含まれています。

【FGF】
組織を修復する、コラーゲンやヒアルロン酸をつくります。

【EGF】
皮膚や粘膜などの細胞の成長をうながしたり、新しい血管をつくったり、傷を治すことをうながします。

【PDGF】
細胞の増殖や、新しい血管をつくったり、血管を元通りにしたり、コラーゲンをつくります。

【VEGF】
血管内側の表面細胞を増やしたり、新しくつくったりします。

【TGF-β】
皮膚や粘膜などの細胞や血管内側の表面細胞を増やすしたり、新しくつくったり、傷を治すことをうながします。

他の注入治療との違い

シワに対する治療には、ヒアルロン酸注入治療、ボツリヌストキシン治療、PRP皮膚再生療法がありますが、シワを改善する仕組みが異なります。

【ヒアルロン酸注入】
肌を内側から持ち上げてシワを目立ちにくくする治療。

【ボツリヌストキシン治療】
緊張を繰り返していた筋肉をリラックスさせることでシワを目立ちにくくする治療。

【PRP皮膚再生療法】
血液中の血小板が持つ「成長因子」をつくり出す働きにより、皮膚の再生を促す治療。

PRP皮膚再生療法について

施術時間 おおよそ1時間程度です。
痛み 麻酔を併用するため、痛みはほとんどありません。
腫れ・傷跡 個人差はありますが、施術部位に内出血や赤み、腫れなどが出る可能性があります。
メイク お顔の施術の場合は、事前にメイクを落としていただきます。
施術当日のメイクは避けてください。翌日からメイク可能です。
注意事項 施術部位を強くこすったり洗ったりするのはお控えください。
禁忌 妊娠中、授乳中の方、心臓病・脳梗塞の既往歴がある方、血液を固まりにくくする薬を服用している方、肝臓疾患がある方は、施術は受けられません。
施術を受ける際は医師のカウンセリングを受け、健康状態や服用中の薬の有無などを必ずお伝えください。

よくある質問 Q&A

施術したことを人に知られたくないのですが。
PRP皮膚再生医療は約3か月かけて、ご自身の細胞を活性化する治療で、徐々にお肌が若々しい印象になっていくため、人知れずにできる治療法です。
PRP注入療法の効果は、どの程度の期間持続しますか?
PRP注入療法は、血小板の組織再生能力を高め、皮下や皮膚のコラーゲンを増加させる方法です。
個人差がありますが、1回の治療で約12~ 24ヶ月効果が持続すると言われております。
PRPによって本人の自己治癒力で肌の状態を改善させるため、他の注入剤による改善とは根本的に異なります。繰り返し治療を行うことで、より長期間にわたってアンチエイジングの効果を持続します。
施術後の腫れはどのくらい残りますか?
腫れの程度には個人差がありますが、翌日以降お化粧も可能です。
施術後から2、3日をピークに徐々に収まり、約1週間程度で元に戻ります。
程度は部位によって異なり、口元は比較的腫れにくく、目の周りや額は腫れることがあります。
ダウンタイム中の腫れや内出血は、肌の自然治癒力を活性させ活発にコラーゲン等の肌組織が再生されているサインともいえますのでご安心ください。

TOP