ピコレーザー

ピコレーザー

ピコレーザー(エンライトン SR)とは

ピコレーザー(エンライトン SR)
Skin Revitalization (スキンリヴァイタリゼーション=肌再生)
従来のレーザー機器は、ナノ(10億分の1)秒周期で肌にレーザーを照射し、熱を発生させることで色素を破壊していました。
そのため、痛みを強く感じたり、一時的に色素沈着を起こすこともありました。

ピコレーザー、はピコ(1兆分の1)秒という短い周期でレーザーを照射することで衝撃波による色素破壊を行い、熱による影響がほとんどなくなりました。

これまで取り切れなかった細かな色素にも効果があるため、うすいシミやくすみの治療が可能となり、一方で治療の際の刺激・痛みや色素沈着などのリスクも少なくなりました。また、ピコレーザーによる皮膚への適度な刺激は皮膚の活性を高めることにもつながるため、ピコトーニングやピコフラクショナルといった治療では、毛穴やニキビ跡、細かなシワなどを改善し、お肌の若返りを実現します。

くみこクリニックでは、キュテラ社enLIGHTen(エンライトン)という日本の厚労省の認可を取得しているピコレーザーを使用して治療しています。そのピコレーザーの中でも、最新にバージョンアップされたピコレーザーエンライトンSRを使用しています。

● ダウンタイム(一時的な赤み・腫れ)が少なく、人目を気にせず治療が行えます。
● 従来のナノレーザーに比べて色素を除去する効果が高く、取り切れなかった薄いシミ・ くすみなどにも効果があります。
● エンライトンSRは、とくに肌の若返りに特化した最新機器で、色調の改善だけでなく、同時に気になる毛穴やニキビ跡・細かなシワなどの改善も得れます。

表

例をあげると、1ピコ秒は1回にする人間のまばたき(0.1ミリ秒)の1000億分の1秒です。
エンライトンSRが治療で照射するレーザーは750ps(ピコ秒)というほんの一瞬です。

周りの組織を傷つけずシミだけを効能的に治療できる

周りの組織を傷つけずシミだけを効能的に治療できる

ピコレーザーによる衝撃波でメラニン色素を細かく破砕することで、排泄されやすくなる

ピコレーザーによる衝撃波でメラニン色素を細かく破砕することで、排泄されやすくなる

ピコレーザー 3つの治療

ピコスポット(しみ・そばかす)

ピコスポットとは、ピコ秒発振レーザーでシミの元となるメラニン色素を破壊する治療方法です。
施術時に輪ゴムではじかれた程度の痛みがあり、施術後はシミの色が少し濃くなります。
従来のナノ秒発振レーザーのスポット治療にくらべて肌へのダメージが少ない為、治療後に炎症性色素性沈着のリスクが少ない治療ができます。
照射後にテープやガーゼによる保護は必要ありません。日焼け止めやコンシーラーで遮光してください。施術後からメイクは可能です。

ピコスポット(しみ・そばかす)

ピコトーニング(肝斑・混在するシミ)

ピコトーニングとは、低出力のレーザーを持続的に広めにくりかえして照射していく治療方法です。
低出力で照射することで、高出力レーザーでは悪化してしまう肝斑を徐々に薄くしていきます。またくすみ等の薄いシミにも効果を発揮していきます。
従来のQスイッチレーザーでは照射を繰り返すと白斑が生じることがありましたが、ピコレーザーでは肌にダメージを与えにくいので白斑の心配が少ない治療ができます。
また、施術中の痛みも軽くダウンタイムもほとんどないため、これからシミ治療を始めたいという方にもおすすめの治療です。
施術時に軽いチクチクとした痛みがあります。施術直後からメイクをすることができます。

ピコトーニング(肝斑・混在するシミ)

ピコフラクショナル(ニキビ跡・毛穴・アンチエイジング)

ピコフラクショナルは、肌の深部にエネルギーを届けることで、照射部分のコラーゲンを増やし肌再生を促します。ニキビあと、毛穴の開き、肌のハリ・小じわ、くすみの改善効果があります。従来のCO2フラクショナルレーザーは痛みが強く、長期間のダウンタイムが発生するという弱点がありましたが、ピコフラクショルレーザーでは、肌の表面には穴を空けずに、高密度のレーザーを照射することで、衝撃波により表皮内に微小の空洞を作ります。その空洞に刺激を受け、コラーゲン増殖が活性化・エラスチン(肌の弾力維持にかかわる)が再生され、皮膚細胞の再生力が活性化することで肌質改善を図る治療です。

ピコフラクショナル(ニキビ跡・毛穴・アンチエイジング)

ピコフラクショナル(ニキビ跡・毛穴・アンチエイジング)

シミには、トーニングとスポット照射がオススメです!

TOP