ダーマペン

ダーマペン

毛穴の開き、にきび跡、エイジングケアに効果的なダーマペン治療!

ダーマペンとは?

ほくろの断面

ダーマペンは髪の毛より細い極細針を使用し、お肌の表面に小さな穴を一時的につくり、お肌の自然治癒力を向上させる治療方法です。コラーゲンが増え、新陳代謝を促進することで、色素沈着によるニキビ跡や、毛穴の開き、小ジワなどを改善し、エイジングケア治療を行えます。

「ダーマペン4」は先端に16本の極細針がつき、針を刺す最大深度は3.0mmまで調整可能になりました。「ダーマペン3」に比べ、いっそう有効成分を浸透させやすくなりました。

また、治療時間も短縮されたため、患者様へのご負担を軽減できます。
※治療効果には、1回の治療で効果を実感できる場合もありますが、複数回治療をすることでより効果が実感しやすくなるなど、個人差があります。

適応症状

ダーマペンはこんな方におすすめです

  • 毛穴の開きが気になる方
  • アンチエイジング
  • にきび痕が気になる方
  • 小じわが気になる方

ダーマペン治療のポイント

・肌再生を促進

お肌に小さな穴を一時的につくることで、お肌本来の回復力を向上させ、コラーゲンやエラスチン生成を促します。お肌のハリと弾力を蘇らせることで、ニキビ跡や、毛穴をなめらかにします。

・ペン型で細部まで行き届く

ダーマペンはペン型の機器なので、細かい範囲や目もと近くまでしっかりとケアすることが可能です。また、小ジワや小鼻などにもあてやすくなっております。

・痛みや腫れを軽減

ダーマペン4についている超極細針は髪の毛よりも細く、また一定の圧力による振動を加えながら均等にムラなく肌にあてられるので、今までよりさらに腫れや痛みを抑えられます。

・治療を組合せ相乗効果

ダーマペンは、コラーゲンピールや上清液を塗布する美肌ホワイトとも相性が良く、オプションメニューもご用意しております。

ヴェルヴェットスキン

ダーマペン4とコラーゲンピールを組み合わせたメニューの「ヴェルヴェットスキン」。
お肌内部でコラーゲン増生を促すコラーゲンピールは、お肌に薬剤を浸透しやすくさせるダーマペンとの相性がよく、ニキビ跡にはもちろん、肌質改善にも効果的です。

よくある質問 Q&A

ニキビ跡は一度で治りますか?
ダーマペンはニキビ跡のクレーターの改善効果が期待できます。症状によっては複数回受けていただくことをおすすめする場合があります。
目もとの追加施術は、ヴェルヴェットスキンとの併用はできますか?
目もとの追加施術は、ヴェルヴェットスキンと併せてお受けいただくことが可能です。
ただし、コラーゲンピールの薬剤塗布は目もとを避けて行います。
傷跡は残ったりケロイドになったりしませんか?
ダーマペンで空いた穴は小さく、数日から1週間程度で徐々にふさがり目立たなくなります。
治療直後は自宅で保湿の為の化粧水やパックなどのスキンケアはできますか?
化粧水やパック等のスキンケアは当日は避けていただいております。翌日からいつも通りのケアが可能です。

ダーマペン施術の流れ

1、カウンセリング

受付を済ませ、待合室で問診票をご記入いただき、医師がカウンセリングを行います。

2、施術

メイクを落としていただき、治療を行います。治療時間は、約30~45分程度になります。

3、アフターケア

治療後は日光に当たらないようにしてください。化粧水などのスキンケアは、当日は避けてください。
翌日から通常のスキンケアとメイクが可能です。まれに内出血が見られますが、徐々に改善します。

ダーマペン治療について

治療時間 麻酔30分・施術時間30分~45分程度です
麻酔 麻酔クリーム
痛みの度合い 個人差がありますが麻酔併用で我慢できる程度です
ダウンタイム 個人差はありますが1~3日程度赤みが出ます
メイク 24時間後から可能です
シャワー・入浴 シャワーは当日、入浴は翌日から可能です
飲酒 翌日から可能です

ダーマペンのメリット・デメリット

メリット

・ダウンタイムが短く気軽に受けることができる
・メイクも翌日にできる

デメリット

・肝斑の悪化

ダーマペンのリスク、副作用、術後の注意点などについて

出⾎、発⾚、ヒリツキ、痛み、⽪剥け・乾燥、内出⾎

ダーマペンの副作用

⾊素沈着、⼀時的なニキビの悪化、肝斑の悪化、薬剤アレルギー

ダーマペンの術後の注意点

2次感染の可能性

症例

ダーマペン症例1

ダーマペン症例2

ダーマペン症例3

ダーマペン症例4

ダーマペン症例5

ダーマペン症例6

ダーマペン症例7

TOP