午前11:00〜午後8:00 [休] 月曜日
トップページ > くみこ院長ブログ

2018年 10月27日 10周年

10周年記念講演

おかげさまで、北山院開業から10周年を迎える事ができました。
10月18日 東山SODOHにて記念パーティを開催しました。

その時の記念講演を,ご紹介します。
こちらは、神戸のWhite Dinner に参加したときの写真です。
テーブルセッティングから何まで自分たちで用意するのですが、みなさんのおしゃれ、センスの良さに度肝を抜かれました。

まずは自己紹介です。


私たちの時代は、女子が少なく、100人中11人という贅沢な環境でした。
焼けやすくて、夏はテニスに僻地への冒険旅行、冬はスキーといつも真っ黒でした。crying

女2人でテントを積んで、びわいちをしました。
適当に、琵琶湖の湖畔で寝ていたのですが、朝起きたらとんでもないところで寝ていたことも。。
今思うと、危ないですね〜。
ほんと、怖いもの知らずでした。

怖いもの知らずついでに、ジンバブエでバンジージャンプにも挑戦。
これは、人生で一番怖い体験でした。
落ちて行く瞬間、気を失いそうになり、終わった後は気分が悪くなり、トイレにいくとまた大変。。。
アフリカ人は、ひとの用をたした所にはトイレをしないらしく、
そこらじゅうに・・・・

理系女子で高校でも、クラスに女子が9人しかいないという贅沢な環境でした。
結構うちのクラスは、理系の割に美人が多いと評判。


これが医学生??って思いますよね〜。

卒業してすぐに京大の麻酔科に入局しました。
麻酔中は、呼吸も意識もすべて麻酔科医の手の中にあります。
ストレスフルですが、とても充実していました。
島田市民病院で播岡先生に、論文の書き方・読み方をたたき込まれました。

興味深い症例があると、学会発表をします。
開業する前は、アメリカの学会にも、毎年演題を出す事を目標にしていました。
京都大学麻酔科学講座 福田教授の元で、セロトニンと脳に関する研究をして、
学位をいただきました。
直属の上司は、七野先生(京都医療センター麻酔科部長)で、研究臨床共にお世話になりました。


姉小路クリニックの林寛子先生と台湾旅行をしてこんな写真を撮ってしまったり;;

ネパール、ベトナムへ麻酔科医として
それぞれ
昭和大学口腔外科チームと口唇口蓋裂のオペ
京大の心臓血管外科チームとのオペ
にボランティアにも行きました。


海外青年協力隊に応募もしましたが、アフリカのマラブーに行けといわれ断念;;

ここでファミリーの紹介をします。
私の主人は、2年前に胃がんで他界しました。
高校生の息子と、中学生の娘がいます。
実家の従姉妹達と毎年夏には旅行に行くのが楽しみです。
みんな、子どもができてどんどんふくれあがり、今年は30人になりました。
実家の病院は、祖父の代から月見町というところにありました。
今は、弟が別の場所で竹下歯科、玉谷矯正歯科を開業しています。
双子ですdevil
妹は横浜で歯科医院の院長をしています。

右上の写真は、従姉妹が香港人のRichardさんとプーケットで結婚式をしたときです。
アマンプリホテルでとっても素敵でした。

http://takesita-sika.com/
http://tamaya-o.com/flow/

子どもが産まれると、麻酔科医としては使い物になりませんでした。
緊急手術でも、子どもを放っておいては手術に駆けつけられません。
手術は5時に終わるとは限らないので、他の人に自分の症例を渡していかなければならず、
そのジレンマを感じていました。
息子が卵アレルギーだったことと、実家の病院に食物アレルギーで有名な
木村牧子先生が勤務されていたことから、アレルギーに専門を変える事にしました。
その後、京都では、現在木曜日に外来に行っている、滋賀県小児保険医療センターの楠先生に
教えていただいて今に至ります。

しかし、子どもをかかえていては、常勤勤務は難しいため、
自分でえいやっと開業してしまいました。


まだまだスライドはつづきますが、今日はこのへんでおやすみなさい。

〒600-8007 京都市下京区四条通東洞院 東入立売西町66番地
京都証券ビル6F(京都大丸西横)
● 地下鉄烏丸線「四条」駅地下道直結徒歩2分
● 阪急京都線「烏丸」駅地下道直結徒歩1分
tel 075-257-7073
診療時間11:00〜20:00(最終受付19:30) 月曜休診 完全予約制
詳細は診療カレンダー 料金表はこちら
    保険診療(一般皮膚疾患)
自費診療(美容皮膚科)
お悩み別メニュー
施術別メニュー